薄毛治療ならAGAクリニック

\薄毛治療のおすすめ第1位/

トップページ > 2011/09/14 > にきびを予防するための食事と生活習慣とは?

「高い費用をかけて薄毛治療したけど全く効果が無かった…。」

そんな病院やクリニックに通う羽目になる前に!

当サイトでは2011/09/14にきびを予防するための食事と生活習慣とは?にお住まいの方に、薄毛治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

「育毛剤を使っても、食生活を気にしてもほとんど効果が感じられない…」

そんなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?

その薄毛の原因、AGAの可能性があります。

薄毛を治療するためには、自分の薄毛の原因がAGAか否かを専門的に確認する必要があります。

そのためにまずは、信頼と実績のある薄毛治療専門のAGAクリニックで診断を受けることが重要です。

薄毛や抜け毛が気になる人にとって、「AGA」という単語はよく耳にする言葉かと思いますが、そもそも、AGAとは何かご存知ですか?

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味の脱毛要因の一つです。

男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素(5αリアクターゼ)と反応してできた「5αディハイドテストステロン」の働きによって毛母細胞の活力が低下していく症状のことを男性型脱毛症(AGA)と呼びます。

AGAによる薄毛のパターンは、

  • 生え際(おでこ、M字)から後退するタイプ
  • 頭頂部(つむじ、O字)から進行するタイプ
  • うっすらと全体的に進行するタイプ

等があります。

AGA以外の薄毛要因は、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症、円形脱毛症などがあり、これらの症状にはAGA治療を施しても効果が期待できません。

そのため、薄毛に悩んでいる方が最初に行うべきことは、ご自身の薄毛の原因がAGAか否かを判別するために、まず薄毛治療専門の病院に行って専門のお医者さんに相談してみることなのです。

薄毛でお悩みの方におすすめ
\AGAクリニックランキング/

月額3,400円から手軽に始める薄毛治療!
評価カウンセリング店舗
★★★★★無料全国49院
  • 発毛実感率99.4%
  • 通える!全国に49院も
  • 高品質・高濃度のオリジナル治療薬

【発毛効果をより一層高めることを可能に】
AGAクリニックの「AGAのメソセラピー」は有効成分を直接頭皮に注入することで、発毛効果をより一層高めることを可能にしたAGA治療です。痛みを感じることなく治療をすることが可能です。

【オリジナル発毛薬で発毛促進】
内服薬で体の内側から発毛しやすい環境を整えると同時に、外用薬で直接毛根に発毛促進を働きかけます。


低価格で効果抜群のAGAクリニック!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料新橋の本院のみ
  • 育毛メソセラピーが1回2万円以下
  • 一人ひとりにあわせた治療法を提案

【安心して通える治療費設定】
どれだけ効果のある治療であっても継続的に続けていく事が出来なければ意味がないというクリニックの行動指針の元、患者の負担を理解し安心して通える治療費設定となっています。

【明朗な情報開示】
効果・費用・副作用など、治療を行うにあたって不安や心配なこと等、ホームページや診療を通じて正しい情報を積極的に提供しています。


1年間の来院者数100万人超!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料72院
  • 症例件数が多い
  • プロペシアが安い

【治療後1か月で効果を実感】
新治療ダブルマトリックスは、1回の治療、1ヵ月で効果を実感することができるAGA治療の概念を覆す新治療法です。

【発毛実感率99%】
AGA薄毛を改善したい方、自分に最も適しているものを選択したいという方は、発毛実感率99%のオーダーメイド処方のAGA治療薬がおすすめです。

まとめ

今、薄毛治療にお悩みの方、市販の育毛剤など自力では上手くいかなかった方は、信頼と実績のあるAGAクリニックのご利用がオススメです。

2011/09/14にきびを予防するための食事と生活習慣とは?の方向けはじめての薄毛治療Q&A

薄毛治療を考えているが一歩踏み出せないという方、病院選びで後悔したくない方、まずはAGAクリニックの処方薬や治療法・費用について知ることが重要です。薄毛治療に関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.M字ハゲにも効果はありますか?

A.症状の進行度に応じて効果が現れます。

AGAは症状が進行すればする程、治療が難しくなりますが早く治療を開始することで、改善が難しいとされる額・M字部分が改善した症例も多数あります。

Q.発毛の効果はいつ頃実感できますか?

A.3ヶ月~6ヶ月程度が目安となっています。

個人差はありますが、通常3~6ヶ月程度で効果を実感できる方が多いです。治療については、約6ヶ月~1年継続治療されることをお勧めします。

Q.AGA治療は一生涯続ける必要がありますか?

A.いいえ。

ただし、独自の判断による治療の中止は脱毛を引き起こす可能性があります。 医師の指導の下、治療止めても問題無しと判断されれば大丈夫です。

Q.タバコはやめた方がいいですか?

A.可能であれば止めることをおすすめします。

ニコチンによる血管収縮作用が頭皮への血流が低下させ、治療効果に影響が出る可能性があると言われています。 また、喫煙者と非喫煙者での発毛効果に差異があることが報告があります。

Q.AGA治療は健康保険の対象ですか?

A.いいえ。

自費診療のみです。厚生労働省の通達によって、薄毛・AGAの保険適応はなされていません。

Q.市販の育毛剤を併用しても大丈夫ですか?

A.医師にご相談ください。

クリニックで処方された外用薬と育毛剤の成分が化学反応を起こすと、アレルギーやかぶれなどの原因となる可能性があります。 併用される場合はAGAクリニックの専門の医師に相談されることをお勧めします。

薄毛治療の基礎知識コラム

健康な髪のために必要な栄養素には亜鉛があります。しかし、育毛の目的のために亜鉛の摂取をご飯で行なおうとしても、吸収率がそれ程高くないため、意外に難しいことです。ご飯で亜鉛を含む食べ物を取り入れることばかりでなく、亜鉛の吸収を邪魔する加工食品などには気を付けて、食べないようにしましょう。髪のことを考えるのの場合は、サプリでの亜鉛摂取は手軽で、確実です。

近年、いろいろな種類の育毛剤が店頭に並ぶようになりましたが、その中にはエタノールがふくまれている商品も少なくありません。エタノールの効果として、 抗菌作用や必要な成分が頭皮へと届きやすくなるような効果が得られるといわれています。

しかしながら、人によっては、痒みや炎症などのトラブルを引き起こす原因にもなるので、肌が敏感な体質の方は使用を控えてちょーだい。

クリニックでおこなわれている薄毛治療のひとつに、注射器や専用器具で点滴する『注入療法』と呼ばれるものがあります。
なかでも点滴は、皮膚科治療専用のストレスの少ない極細の針を使用し、混合液(男性の場合は主にミノキシジル)を頭部にゆっくり注入していくため、効果が実感しやすいといわれています。量や薬剤の種類について選ぶことも出来るはずですが、基本的に医師の診察の基におこなわれます。
同じ注入方法でも注射と比べると、準備や注入にかかる時間が長いので、費用は割高というケースが多いようです。

ただ、時間がゆっくりなので悪心なども起こりにくく、余分な薬を控えることもできるため体への負担や副作用が抑えられるというのはお医者さんによる治療ならではのメリットだといえます。普通の皮膚科クリニックでも行なっているところがありますが、美容外科や育毛専門外来のある病院では、利用しやすい営業時間の広さも魅力です。育毛を促進指せる薬剤の仕組みは調合されている成分によって変わってきますから、頭皮の状態に適合したものを選び取るようにするといいでしょう。高価な育毛剤ほど髪を育てる効果があるかというと、沿うとは限りません。
配合されている成分とふくまれている量が適合しているかが重要です。夜寝るときに何の気なしに使っている枕。

それが頭の毛の発育に大聴く関わっています。



自分の身体に合わない枕は、首周辺の筋肉が伸びすぎたりねじれたりしてしまい、血管も押しつぶされて血行が悪くなり、頭皮にも十分栄養が行き渡らなくなります。

首周辺のコリや脳の血行不良で熟睡(熟眠ともいい、質のいい睡眠をとれたことを指します)できなくなり、体調不良になったり、ストレスの増加から抜け毛が増えてくることも考えられます。
育毛だけでなく、自分の身体と心のために、ぜひ自分に合う枕を見つけて使用して、休養をしっかりとりましょう。

AGA(男性型脱毛症)を治療するにはいろんな方法があるのです。一例をあげれば、飲む治療薬のプロペシアは男性型脱毛症の治療にとても有効で、高い効果があげられます。また、外用薬で例をあげていけば、フロジン、ミノキシジルがよく治療に処方されています。
他には、注射器などでメソセラピーという発毛に有効な成分を直接頭皮に注入する、というやりかたもあります。



それだけでなく、HARG療法や自毛植毛など、予算に応じて選べます。現在では、多種多様な育毛剤が発表されています。いくら社会に認められているからといって、自分の体質にフィットするかは分かりません。



そのため、一度体験してみて、実際に、効果があるかどうかをはっきり指せましょう。合わなかったら、全額返金という体験購入ができる育毛剤なども少なくありませんから、まずは、沿ういったものから買ってみるといいかも知れません。
抜け毛が気になりだしたので、いろいろな育毛剤の情報を見るのですが、デリケートな頭皮に使用するものであるだけにクオリティにはこだわりたいです。



とりわけ防腐剤などの添加物には強力な毒性を含むものもあるようなので、間違っても頭皮への悪影響が出ないようにしっかり研究開発されたものを注意深く選んでいきたいです。
タバコを吸うと肺などの呼吸器官に害であるばかりか、育毛においても悪影響をもたらします。

タバコがもつニコチンという物質はアドレナリンの分泌を促進します。

このアドレナリン分泌により興奮した状態では、血管が収縮してしまうため、血液の流れが滞り頭皮に満足な血液が行き渡らず、これで抜け毛が発生してくるからです。
男性型脱毛症(通称AGA)の発症は思春期(個人差もありますし、男女でも違います)からですが、具体的に幾つから発症が初まるかという線引きはないのです。
思春期(個人差もありますし、男女でも違います)から男性型脱毛症が初まるということは中高生でも男性型脱毛症になる可能性を秘めているわけで、男性型脱毛症が気になったら早めにケアすべきなのです。でも、医薬品認定の育毛剤は成人しか使ってはいけないのです。未成年は医薬部外品の使用を試みるか、頭皮環境を整備するためにも毎日の生活習慣を改善したりしてケアするのがベターでしょう。

2011/09/14にきびを予防するための食事と生活習慣とは?の方向け薄毛治療お役立ち情報

おすすめ1位のAGAスキンクリニック

2011/09/14にきびを予防するための食事と生活習慣とは?で薄毛治療するなら